To celebrate its 10th anniversary, high-end network audio manufacturer SFORZATO has redesigned its DSP series of products. By defining the design concept for the new DSP series and creating a sense of unity across the entire lineup, SFORZATO aim to further enhance the brand's image of high-quality and stable sound.
ハイエンド向けネットワークオーディオメーカーである "SFORZATO" が10年を迎える節目として、DSPシリーズの製品群のデザインを刷新しました。 新しい「DSP」シリーズのデザインコンセプトを定義し、ラインナップ全体の統一感を出すことで、 ブランドが持つ高品質で安定感のある音のイメージをさらに高めることを目指しています。
Inspired by SFORZATO's goal of creating sound, we sought a design that would become SFORZATO's brand identity. The new designs of the DSP-Vela, Dorado and Pavo are as elegant yet powerful as the sound SFORZATO aims to create.
SFORZATOが目指す音作り意味からインスピレーションを受け、ブランドアイデンティティとなる意匠を模索。 優美さとその中にアクセントとなる力強さを持つ造形で、DSP-Vela / Dorado / Pavoの計3製品のデザインを展開しました。
CREDIT​​​​​​​
Client : SFORZATO Corp.
Product design : Kunihiko Nakata

Other Projects